ホーム > ライブレポート >第四回永吉愛の音脳リトミック

第四回永吉愛の音脳リトミック

10月18日(日)、14:30~16:00ほど宮崎駅近くのグラードの2階にあります「まちの居場所『たいよう』」にて四回目の音脳リトミックイベントが開催されました。

主催はプチ・コパンの皆様。いつもお誘いをありがとうざいます。

今日は一日でふたつのイベントを抱えているため、服装も悩みましたが、お子さんの色彩感覚をしっかりと見せるため。

​そしてふたつめのライブはバンドでの参加なので、目立つ色合いの赤を基調としました。

S__250626068.jpg

リトミックのイベントでは使う道具もたくさん。

童謡も歌うのでキーボードに楽譜、さらにCD音源も使うため、CDプレーヤーやキャリーケースに小道具を詰めいざ出発!

会場には一時間前に着きました。

​準備もスタッフの皆さんのおかげでスムーズにでき一安心です。

会場ではホワイトボードに今回のスケジュールとして私の名前が書かれていました。

一時間たっぷり音脳リトミックでお子さんとふれあった後は少しのお話し時間を設けています。

​一時間長いと思うかもしれませんが実はあっという間なんです!

先ほどのスーツケースの中身はこちら。

​色鮮やかなシフォンやひもやお手玉、そして魔法の楽器・ライアーと絵本が入っています。

今回は秋の童謡や季節関係なく歌える童謡ももってきました。

お子さんと一緒に歌うだけで安心感やリズム感や音感などたくさんの力が育めます。

童謡はぜひ昔ながらのメロディが高めな歌を普段の生活でも歌ってみてくださいね♪

※ゲームやスマホなどの質が高い今の時代では童謡のメロディを低く歌いがちなんです。

​なので自分が普段歌っているより気持ち高めのメロディで歌うことにより、お子さんの音感が優れてきますよ。

「おにぎり」という曲では、今日お子さんが何を食べたか発言してもらい、食べたものを歌に合わせてぎゅっぎゅっぎゅっとお手玉やひもをにぎにぎしてもらいます。

道具の色がとてもはっきりとした色なので色彩感覚、そして自分でこれがいい!と選ぶことにより決断力などが育ちます。​

とても楽しい音脳リトミックの時間となりました。

次回は来月11月20日(金)にまた同じくまちの居場所「たいよう」にて10時からイベントが決まっております。

もうご予約を何名かいただいているみたいですので、お早めにお申し込みください。

■プチ・コパンブログはこちら>>

■永吉愛の音脳リトミックページはこちら>>

※音脳リトミックでのイベント開催のご要望はお問い合わせからどうぞ

​こちら>>

それでは来月もかわいいみなさんとの出会いを楽しみにしています!

更新日:2020 / 10 / 22

当サイトで掲載している画像・動画は永吉 愛に帰属します。無断転用を禁止します。

© 2016-2020  Ai Nagayoshi